墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像

日本獣医内視鏡外科研究会

墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像 低侵襲獣医療とは

獣医療が発展していく中で、現在は病気の検査や治療を行うにあたって、少しでも動物の体の負担を減らし、そのうえで効果的な治療を行うという低侵襲獣医療の実現を目指すようになってきました。そのような考え方から私は今、内視鏡・腹腔鏡を活用した獣医療を学んでいます。

墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像 内視鏡について

消化管内視鏡を行うことで例えば、動物がおもちゃなど異物を飲み込んでしまった場合に、従来ではお腹と胃腸の切開手術をしなければいけなかったのですが、体を全く傷つけずに内視鏡で取り出すことができます。また、血液検査やレントゲン検査では今まで診断できなかった胃腸の病気も内視鏡で観察、検査を行い診断することができます。
そして、尿道、膀胱内視鏡を用いれば、手術せずに尿道や膀胱結石を取り除いたり、内腔の診断、治療を行うことができます。

墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像 腹腔鏡検査・治療について

腹腔鏡とは直径5mmの細長いカメラのことです。これをお腹の中に入れることで、
内部の様子が鮮明に観察できるので、小さな傷でお腹の中の検査や手術を行うことが可能です。例えば、肝臓や胃腸、膵臓、腎臓などの観察・検査や避妊手術、陰睾手術、膀胱切開などの手術を行っています。
また、内視鏡や腹腔鏡を用いた治療では、まず適応できるものかできないものかの判断が重要です。そのような点を事前にしっかりご説明させて頂きながら治療を行っていきたいと思います。

確かな実績
信頼のスタッフ陣
当院での治療例
安心安全な麻酔
去勢避妊手術でご不安な飼い主さまへ
健康診断のご案内
安心のサポートネット
人材育成への取り組み
獣医師スケジュール
求人のご案内
池尻大橋ペットクリニックふなぼり動物病院
Copyright © 亀戸動物総合病院. All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。
患者様ご来院エリア:墨田区 江東区 江戸川区