墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像

腹腔鏡検査を受ける飼い主様へ

腹腔鏡検査について

腹腔鏡は開腹手術をせずにおなかの中を観察したり、生検などをおこなうことができます。

次のような場合におすすめします。

  • 黄疸がある
  • 血液検査で肝臓の値が高い

墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像

 たとえば肝臓に病気が疑われる場合、生検検査(肝臓の組織の一部を採取する検査)が必要になることがあります。その場合、旧来は開腹手術や皮膚から針を刺す方法しかなかったため、あまりおこなわれないのが現状でした。しかし、腹腔鏡で生検をおこなうことで最小限の傷で検査をすることができるようになりました。

 また、お腹の中に異常が疑われるけれどもはっきりしない場合、試験開腹(検査のための開腹手術)をおこなうことがあります。この時、腹腔鏡検査を併用することで、本当に開腹する必要があるかをより正確に判断することができるようになりました。

  • 腹腔鏡検査は全身麻酔下でおこないます。そのため、動物の状態により検査が実施できない場合があります。
  • 腹腔鏡検査の状況により、安全の確保のため開腹手術に手技を変更する場合があります。

確かな実績
信頼のスタッフ陣
当院での治療例
安心安全な麻酔
去勢避妊手術でご不安な飼い主さまへ
健康診断のご案内
安心のサポートネット
人材育成への取り組み
獣医師スケジュール
求人のご案内
池尻大橋ペットクリニックふなぼり動物病院
Copyright © 亀戸動物総合病院. All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。
患者様ご来院エリア:墨田区 江東区 江戸川区