墨田区の動物病院 亀戸動物総合病院の画像

猫の肺癌の1例

亀戸動物総合病院 池田 雄太

はじめに

動物ではヒトと違い肺癌の発生率は低く、全腫瘍の中の1%未満と言われている。症状は発咳、頻呼吸など呼吸器症状が認められるが、無症状で偶発的に発見されることも多い。また猫では特に稀な疾患でありその予後は不明である。今回健康診断にて偶発的に肺腫瘍が認められ、外科切除にて良好に経過している猫の1例を報告する。

症例

アメリカンショートヘアー 去勢済みオス 10歳齢 体重4.3㎏
健康診断のため近医を受診、レントゲン検査にて肺腫瘤が認められたため精査・治療を目的に当院を紹介受診。
既往歴:肥大型心筋症

診断

一般身体検査:心雑音あり その他異常なし
胸部レントゲン検査:左肺の後葉領域に不透過陰影あり 図1,2
後日外科適応かどうかの判断およびステージングを目的にCT撮影を実施。左肺後葉に2.8×1.8×3.0cmの腫瘤病変が確認された。
その他の肺葉に腫瘤は認められなかった。図3,4

術前診断 肺腫瘍 T1N0M0
猫の肺癌の1例 図1 猫の肺癌の1例 図2
  図1       図2
猫の肺癌の1例 図3
  図3
猫の肺癌の1例 図4
   図4

治療

第17病日、手術を実施した。手術は左第5肋間よりアプローチし肺門部から左肺後葉の肺葉切除を行った。術後の経過は良好で術後翌日には退院となった。病理結果は癌肉腫であった。図5,6

猫の肺癌の1例 図5
  図5
猫の肺癌の1例 図6
   図6

考察

 肺腫瘍に限らず、肺の疾患は病気が進行しないと症状が現れないことが多く、発見時にはすでに手遅れの状態で見つかることも多い。今回健康診断にて偶発的に肺腫瘍が見つかりステージも初期の段階で発見できたことから、レントゲンや血液検査を含めた定期検診が重要であると思われた。
 肺腫瘍は通常のレントゲンでは詳細な部位の把握が困難であり、評価にはCT撮影が必要である。また手術方法として肋間を大きく切開する方法が現在一般的であるが、今後は胸腔鏡を使用した、鏡視下肺葉切除も検討していく方針である。

確かな実績
信頼のスタッフ陣
当院での治療例
安心安全な麻酔
去勢避妊手術でご不安な飼い主さまへ
健康診断のご案内
安心のサポートネット
人材育成への取り組み
獣医師スケジュール
求人のご案内
池尻大橋ペットクリニックふなぼり動物病院
Copyright © 亀戸動物総合病院. All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張りください。
患者様ご来院エリア:墨田区 江東区 江戸川区